スポンサーリンク

WEBライティング

読みやすい記事を作るために文章力と構成力を上げる方法

読みやすい記事にはさまざまなアイディアが実践されています。どれも難しいものではなく知っているか、そしてそれを実践しているかで差が出ます。

そこで、実際に教えてもらったライティング方法と最近読んだ情報に共通している情報でまとめます。

こんな人に向けて書いています↓

  • 記事を書いているがなんとなく読みずらい
  • 何に向けて書いていいのかがわからない
  • 記事を書こうにも一向に手が動かない

今回の記事を読めば上記の悩みが解決されます。一緒にひとつひとつ見ていきましょう。

相手の立場に立って書く

自分本位ではなく、相手のことを考えて書くことがとても大切です。

自分が書きたいことではなく読み手が何を求めているかを考えて記事を書くことが重要です。

記事を書く前に、誰に向けて書くのかを細かく設定しましょう。

そして、Google検索のキーワードなどを調べてから構成を考えて脱線しないように全体のバランスを考えることが必要です。

もし脱線ばかりしていたら、読み手は

これは何の話をしているのだろう?

最初と違う話をしている...

と困惑します。すぐにページから離脱して読んでくれなくなってしまいます。

その他には、専門用語を使ってしまうと読み手がその意味を知っているとは限らないので

意味の分からない用語が出てきたというネガティブな感情が生まれ、記事への興味が薄れてしまいます。

そして、その用語の意味が分からないために後の記事の内容が理解できなくなってしまうこともあります。

とにかく読み手にやさしく、すべての人に伝わるように文章を書きます。

そして、回りくどくなく簡潔に書くということが読みやすい文章です。

文字間隔から、漢字とひらがなの割合など、視覚的な優しさも必要となります。

書いたら一度読み返して不自然な個所がないか確認しましょう。

構成をしっかり作る

書く文章によって構成が違います。

例えば、情報系だとはじめに結論を書き、理由、反論、再反論、最後にもう一度結論を強調

等の書き方があります。

他には、読み手を引き付けるためにいきなり疑問を投げかけたりするパターンもあります。

最近ではネットで記事を読むことが主流なので、最後まで読んでもらうためにはいきなり結論を書くという方法で読者を引き付けることが必要です。

なぜなら、冒頭で何を書いてあるか、何を言いたいのかがわからないと、読み手は別の記事へ移動してしまうからです。

文章構成をしっかり考えてから文章を書き始めれば、読み手にとっても読みやすくわかりやすい記事になり、読み手は記事にとどまってくれます。

文章構成を考えるには、どの情報をどの順番で書くかを勉強する必要があります。

どう勉強するかというと、人気ブログの研究やライティングについての勉強をしっかりおこなうことです。

中には写経をして、人気ブログの書き方を体に叩き込む人もいます。

構成をしっかり作ればどこに何を書くかが明確になるので、何を書けばいいかわからないという悩みが解消されます。

それほど構成は重要な要素です。

書くネタに対しての知識を深める

知識は重要です、ネタのことをよく知って書くのとかじる程度しか知らないで書くのは、雲泥の差があります。

知識を深めるためには、ネットや本からネタの情報を収集し自分の中に落とし込む必要があります。


知識をつけるとどういう効果があるのでしょうか?

知識があると自信を持った文章が書けることやわかりやすい書き方ができるようになる効果があります。

自信を持った文章は説得力が出るので読み手を引き付けます。


では知識をつけるにはどのような方法があるのでしょうか?

知識をつけるには、インターネット検索や本から情報を得るという方法があります。

インターネット検索では、読み手に有益な最新情報を常に仕入れる必要があります。

そしてその情報は、正しい情報でなければなりません。一つのページの情報を鵜呑みにするのではなく、たくさんのページを調べて情報が正しいかを判断します。

本を購入して情報を仕入れれば正しい情報である確率がとても高いので、情報収集手段としておすすめです。


たくさん記事を書く

これに尽きます。トライアンドエラーを繰り返して文章力を上げる方法です。

もちろんただ何となく書くのではなく、上記でお伝えした内容を実践しながら書きます。

もっとここをこうしたらいいかな」などを考え、PV数の多い人気ブログの記事を読みいいところを吸収する。

そして自分の文章に実践することで、今までの文章との比較をして改善点を見つけます

これを繰り返していくことで文章力が上がります。

ブログを書いている方は、定期的に自分の過去の記事を見直せば改善すべき点が見えてきます

まとめ

読みやすい記事を作るには

相手の立場になって書く

  • 書き手ではなく読み手のことを考えて書く
  • ターゲットを明確にする

構成をしっかり作る

  • 構成を作れば、どこに何を書けばいいかがわかる
  • 手が動かないことを解消

書くネタの知識を深める

  • 知識があれば、記事の信ぴょう性が高まる
  • 詳しい分野なので迷わずに書くことができる

とにかく書く

  • 上記の内容を実践してたくさん記事を書く
  • 参考になるブログなどの記事をまねする

これらの内容があります。

ぜひ実践してみてください!一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク

-WEBライティング

© 2021 ラフレシアギターブログ