スポンサーリンク

副業

絶対成功メソッド!!ニュープロが あなたをお金持ちにします

願望を達成することを強く願えば、成功に向かって動き出すことができます

そして、 自分を信じて達成を強く願うことで、成功するのが当たり前という状態に進行します。

しかし、願望を達成することを意識的に強く願うと、メリットとデメリットが現れてしまうのです。

これから、具体的にどのようなメリットデメリットがあるかを説明し、メリットのみを残す方法を説明します。

メリットとデメリット

まず、メリットとしては 、成功を目指すうえでのスタートラインに立った状態になることができます。

成功に向かう原動力を得た状態です。

成功に向かうためのスタートラインに立つには、始めのうちは強烈に意識することが大切でしょう。

 しかし、いつまでも強く願うことばかりしていると、

「●●●が欲しい」「●●●になりたい」ではなく、

今は持っていない』『今はそうでない』という言葉の裏に隠されたニュアンスに焦点が当たってしまうデメリットが生じる可能性があります。

無意識は焦点を合ったものを引き寄せるといわれており、この場合失敗を引き寄せてしまいます。 

ですが、失敗を引き寄せないための、リスク軽減方法があります。 

それは

  • 持っていて当然
  • いざとなれば、いつでもなれる
  • 当然、いずれはそうなる

という感覚を持つことです。

これでデメリットを克服することができます。

もう少し説明すると、 成功にたどり着くためのスタートは強く達成を意識して、

ある程度の段階で、達成して当たり前という感覚になる設計を作ることです。

「~したい」「~が欲しい」と強く願い、強い意志ができた後に、

無意識的に「できて当然」「なって当然」「持っていて当然」という段階に移すイメージです。

どうすれば無意識を移すことができるの?

ニューロ言語プログラムのワークの一つである、チェーンプロセスを使用すれば、強い願いから、当然できるという考えに移すことが可能です。 

もちろん、ニューロ言語プログラミングスキルと並行して使用することでも可能です。

アウトカム(達成)が当然だと感じるのは、

自分の中で、全体の一致感を持っていることと近い感覚です。

そして、アウトカムを軸にニューロロジカルレベル統一のエクササイズ(自分のミッションを明確化するエクササイズ)などをおこなうことも効果的です。

できて当然の感覚を掴むことができたら、あとは確実に1歩ずつ進むだけで成功できます。

通いなれた道でいつもの目的地に歩いていくことと同じ感覚で、成功に近づいていけます。

具体的に説明すると、成功を大目標として考え、チャンクダウン(細分化)したものを中間目標として設定します。

中間目標は、大目標達成に必要なリソースとして存在しています。

その中間目標をさらにチャンクダウンして小目標を設定します。

小目標は現時点で確実に達成できるものを設定します。

具体的に言うと、今の自分の思考力で、スマートの法則を用いることで設定可能な目標は、現時点で適正な目標といえます。

 ※スマートの法則とは S、M、A、R、Tと以下の頭文字をとったもので、以下のものがあります。

  •   具体的でありわかりやすい⇒ Specific
  •   計測可能な数字になっている ⇒ Measurable
  •   同意して達成可能である ⇒ Agreed upon
  •   現実的でアウトカム志向である ⇒ Realistic
  •   期限が明確に決められる ⇒ Timely

このスマートの法則は、アメリカの経営コンサルタントとして有名であるブライアン・トレーシーが提唱した目標設定のためのモデルです。

 目標を明確に決めることができて、現実的な期限を設定できる。

 

そして、達成が計測可能で数値化できるものであれば、あなたにとって適切であると判断できます。

これは、大目標の達成につながるスタートである適切な小目標といえます。

小目標は確実に実現できることを設定しましょう。

自分の夢の達成につながるので、心から同意して強い意志で小目標を実施しましょう。

そして小目標の実現を後押しするのは、願望の達成を強く願う意思です。

その意思に同意すれば、夢の達成への第一歩を踏み出せます。

 願望の達成を強く願う意思は、リソースとしても活きてきます。

継続することの大切さ

1日行動したら、2日、3日と継続して行動。

そして1週間、2週間、3週間と確実に行動を継続します。

この継続でついた決断の強さと勢いがあれば、慣性の法則が働き、

もはや、行動せずにはいられなくなるでしょう。

これで、願望達成のための習慣を構築することができたといえます。

願望達成のために 一歩を踏み出すことを台車で例えると、

今までの人生の癖という重さがある荷物が積んである台車を

止まっているところから、動かすという行動です。

台車の動き始めは、一番エネルギーを使う行動をすることが必要になります。

動き出すことに成功したら、車輪が回り始めます。

そして、一度動き始めると止まっている状態を動かすより、力を使わずにスピードを上げていくことができます。

坂道や悪路に入らない限り、台車はどんどん回る状態です。

そして、継続して回ることで、願望達成のための行動を習慣化したということができます。

継続を実現するには?

継続するには必ず達成できる小目標を設定します。

小目標というのは、

願望達成までに何をすればいいかを具体的に行動分解できるチャンクサイズと言うこともできます。

何を何回、どの順番でやれば達成にたどり着くかを具体的に表現できるサイズのアウトカム(成果)ですね!

願望達成までのタイムラインを明確に見つけることができれば、あとは行動するのみです。

行動に「快の感情」行動しないことに「痛み」を関連付けると、

進むごとに、確実に成功までの道が明確に開けていきます。

小さな目標を1つ1つ達成するごとに、自分は成功できるという確信がどんどん大きくなるでしょう。

これは、アウトカムの適切化によって誰でも成功することができます。

世の中に達成している人がいるアウトカムであれば、

他の人にも達成可能なものと考えることができます。

これは、ニューロ言語プログラミングの前提であり、モデリングの考え方です。

物理的限界や身体的限界を超えるようなアウトカムの達成は困難で、並大抵の方では挫折してしまいます。

しかし、お金持ちになって成功者と呼ばれるくらいであれば、多くの人が実現しており、誰にでも実現可能です。

現時点でお金持ちになることが大きなアウトカムに感じているのであれば、

大きなアウトカムを、実行可能なサイズにチャンクダウンしてください。

その小さなチャンクが集まったものを大きなアウトカム達成につながるように構成することで、

大きなアウトカムは達成可能になります。

小さなチャンクのアウトカムは、大きなアウトカム達成のリソースです。

現在に最適なサイズのアウトカムを大きなアウトカム達成に向けて積み上げていくだけです。

最後に

T.O.T.EモデルやPDCAサイクルなどの考え方を学ぶことで

小さなチャンクのアウトカムの達成は、絶対に可能だと思えてきます。

そして、成功を手にすると言うことは、それを継続していくことで実現します。

ニューロ言語プログラミングを学ぶことで、「誰でも成功できる!そして私も成功できる!」と自信を持つことができます。

私がお金持ちになり、成功を手にすることは当然である!」という感覚を掴むために、一緒にニューロ言語プログラミングを勉強しましょう。

成功者近づくための無料教材配布中↓

関連記事

BMTSは副業を確実に早く成功させる方法です

スポンサーリンク

-副業

© 2021 ラフレシアギターブログ